スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不妊治療費助成の条件緩和などを陳情(医療介護CBニュース)

 JISART(日本生殖補助医療標準化機関)と不妊体験者を支援するNPO法人Fineの代表者は4月21日、福島瑞穂少子化担当相と面会し、特定不妊治療費助成の条件緩和などを陳情した。

 都道府県などが主体となって実施している「特定不妊治療費助成事業」は2004年に開始。指定医療機関で体外受精や顕微授精といった「特定不妊治療」を行う法律上婚姻している夫婦が助成の対象となっている。年度当たり1回15万円を2回まで、通算5年間支給される。所得制限額は730万円(夫婦合算の所得ベース)。

 2団体が福島担当相に提出した陳情書では、▽特定不妊治療費助成事業に関する夫婦合算の所得制限額の撤廃▽同事業に関する回数制限の緩和・撤廃▽不妊治療の保険適用範囲の拡大―の3点を求めている。

 同日の記者会見でJISARTの田中温理事長は、「不妊治療に付随する注射や検査などは少なくとも保険適用をしてほしい」と強調。宇津宮隆史副理事長も、「不妊は病気によるもの。ほかの病気と同じようにすべて保険で賄ってほしいが難しいので、助成金ということで援助していただきたい」と述べた。
 Fineの松本亜樹子理事長は、体験者のアンケート結果などから「経済的な負担がかなり大きい」と指摘。また、治療と仕事の両立で悩む人が多いため、不妊治療を受けやすい環境の整備も課題だと訴えた。


【関連記事】
「第三者の関わる生殖技術について考える会」が発足
昨年度の不妊治療費助成、7万2千件で過去最多
10年度概算要求は26兆円超―厚労省
医療・介護は「新たな成長産業」―民主マニフェスト確定版
「不妊治療」へ新発見

12人中7人の委員が新任-社保審医療分科会(医療介護CBニュース)
マンション代金、全額返還命じる=耐震偽装で販売会社に-札幌地裁(時事通信)
タミフル半減で国内売上高9%減―中外(医療介護CBニュース)
野菜価格を緊急調査=農水省(時事通信)
PMDA省内仕分け、好意的意見が続出(医療介護CBニュース)
スポンサーサイト

舛添氏離党へ 週内の新党発足目指す(産経新聞)

 自民党の舛添要一前厚生労働相が週内の新党結成を目指し、離党の準備を進めていることが21日、わかった。自民党と改革クラブの参院議員が参加を決めており、すでに政党要件を満たすために必要な国会議員5人を確保。さらに数人の参加も見込まれ、10人前後で結党する見通しだ。

 参加を予定しているのは、舛添氏のほか、自民党の矢野哲朗前参院国対委員長、改革クラブの渡辺秀央代表、荒井広幸幹事長、山内俊夫氏の計5人。自民党には参加を検討している参院議員が複数いるという。一方、改革クラブに所属する大江康弘参院議員と中村喜四郎衆院議員は個々の事情により参加しない。

 舛添氏はこれまで、夏の参院選で自民党が勝利を収めるためには執行部の刷新が必要だと訴えてきた。しかし、谷垣禎一総裁は執行部刷新を否定。矢野氏らも鳩山政権の失態を攻撃できない参院幹部の交代を水面下で求めたが実現しなかった。

 一方で、自民党内で舛添氏の言動への批判が高まり、同氏はこれ以上党内で政治活動を続けるは困難になったと判断。渡辺氏らと協議した結果、参院で鳩山政権を倒す勢力の結集が必要と判断した。

 政策は、法人税減税や研究開発部門への投資促進による経済成長と、その後の社会保障体制の充実、教育などの構造改革を軸に調整している。

【関連記事】
舛添前厚労相「新党と総裁どちらも視野」
首長新党 流れ変える勢力の結集を
参院選後「政界再編ビッグチャンス」 みんなの党・渡辺代表
舛添氏、東国原知事と会談も“ピリピリムード”で取材拒否
「足元固めないと」「汗をかいたか」 森田知事、舛添氏に苦言
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

伊賀市 20人の“忍者”参上 ロケ地誘致目指し(毎日新聞)
本当に成功しているの? カワイイと評判らしい宮崎あおいのCM
欧州、17日も14便欠航=火山噴火の影響-日航・全日空(時事通信)
「政治主導成功せず」21世紀臨調が提言(産経新聞)
「ほかの人には…」裁判員裁判で長男殺害の母(読売新聞)

<大学>審議会に11年度10校の設置認可を諮問 文科省(毎日新聞)

 文部科学省は16日、11年度開学予定の公私立大学7校、私立短大1校、大学院大2校の設置認可を大学設置・学校法人審議会に諮問した。大学の新設のうち福山市立大、京都華頂大の2校は既存の短大の廃止に伴う新設。申請は次の通り。(かっこ内は学部、大学院大では研究科)

 <公立大>福山市立(教育、都市経営)<私立大>東京医療学院(保健医療)▽日本映画(映画)▽京都華頂(現代家政)▽大阪物療(保健医療)▽宝塚医療(保健医療)▽純真学園(保健医療)<短大>埼玉東萌(幼児保育)<大学院大>文化政策(文化政策学)▽滋慶医療科学(医療管理学)

【関連ニュース】
原子力副読本:小中学生に配布 エネ庁と文科省
高校無償化:特設電話を開設--文科省
児童虐待:厚労省と文科省が指針策定
高校無償化:「朝鮮学校対象に」 大学教員の会、文科省に992人要請
文科省:キレる児童の指導法を記述 解説書案まとめる

<亀井郵政担当相>「郵政改革法」の閣議決定、4月末以降に(毎日新聞)
みんなの党、参院選目標10議席以上(読売新聞)
中学教諭が酒気帯び事故「警察に言わないで」(読売新聞)
邦人カメラマン死亡 職場で黙祷 旅行会社、混乱収束願う(産経新聞)
中国人から「中国の恥だ」 上海万博PR曲に盗作疑惑(J-CASTニュース)

<京都御所>桜も満開、一般公開始まる(毎日新聞)

 京都御所(京都市上京区)で7日、恒例の一般公開が始まった。開門時刻の午前9時には約400人が列をつくり、宮廷建築群や満開を迎えた「左近の桜」、緑鮮やかな庭園など春を満喫した。11日まで。

【新刊本】『皇后さまと子どもたち』=宮内庁侍従職:監修

 今回は人形による舞の飾り付けが特徴。大臣宿所で「和舞(やまとまい)」、小御所(こごしょ)で「五節舞(ごせちのまい)」と「久米舞」の展示をしている。

 無料。期間中は予約不要。宜秋門から午前9時~午後3時半に入場。最終退出は午後4時15分。問い合わせは宮内庁京都事務所(075・211・1211)。【小川信】

【関連ニュース】
愛子さま:宮内庁発表、「配慮欠いた」の声も 欠席問題
愛子さま:「元気に通学されるように」宮内庁の羽毛田長官
京都御所:4月7日から一般公開 人形の舞飾り付けも実施
愛子さま:4時限目だけ登校 宮内庁、両陛下に事情説明へ

外国人参政権、慎重検討論相次ぐ=意見集約は見送り-知事会(時事通信)
覚醒剤密売人の被告 「子供と住もうと」裏稼業ズルズル(産経新聞)
休校・学級閉鎖がゼロ=新型インフル流行後初-厚労省(時事通信)
ネット中傷 ドコモの上告棄却 最高裁(産経新聞)
<金沢女性遺棄>遺体は行方不明の30代韓国人女性か(毎日新聞)

<火災>深夜、住宅密集地から出火、5棟焼く 名古屋・南区(毎日新聞)

 5日午前0時ごろ、名古屋市南区駈上1の住宅密集地から出火、愛知県警南署と市消防局によると、同1時半現在、住宅や天理教分教会など5棟を焼き、消火活動を続けている。けが人はないという。南署と市消防局は出火場所の特定を急いでいる。コンロが爆発したとの情報もある。

 現場は市営地下鉄新瑞橋駅の南約300メートルの住宅や工場の密集地。近くの主婦(68)は「ドーンという爆発音が数回した。屋外に出ると、屋根の上に5、6メートルぐらいの高さまで炎が上がり、住民が裸足で逃げ出していた」と話した。延焼した家の隣に住む女性(25)は「2階で寝ていたら大きな音で目が覚め、カーテン越しに隣の建物が真っ赤に燃えているのが見えた。すぐに家族を起こして避難した」と語った。【式守克史、加藤潔】

【関連ニュース】
車両火災:ワゴン車全焼、3歳と1歳姉妹無事 宮城・柴田
北海道4児死亡:車内からライター部品 死因は焼死
火災:交番に落とし物届ける間に、ラーメン店全焼 和歌山
北海道厚沢部の車両火災:子供乗る後部シート付近で出火か
火災:民家全焼、男女2遺体見つかる 長野・佐久穂

【風】現役世代、それぞれの思い(産経新聞)
阿久根市長、賃金未払いの疑いで告発される(読売新聞)
<岡田外相>米国防長官と会談へ 普天間移設など協議(毎日新聞)
平沼新党参加の藤井氏が自民に離党届(産経新聞)
広報室内に「コミュニケーション支援室」、7月に設置へ-厚労省(医療介護CBニュース)

<労働政策審議会>意見の尊重を…政治主導に注文(毎日新聞)

 厚生労働相の諮問機関、労働政策審議会(会長、諏訪康雄・法政大教授)は1日、労政審の意見を尊重するよう求める異例の意見書を採択し、長妻昭厚労相に手渡した。労働者派遣法の改正案を3月19日に閣議決定した際、審議会の答申が覆されたのが理由で、政治主導に注文をつけた形になった。一方、事前面接解禁を批判してきた労組からは「労政審は十分に論議していない」との声が上がっている。

 覆されたのは、派遣先が派遣労働者の受け入れ前に面接する「事前面接」を解禁するとの項目。事前面接には「年齢や容姿での差別につながる」などの批判があり、社民党や国民新党が削除を求め、政府が受け入れた。

 労働関連の法律に関しては、国際労働機関(ILO)の条約で、労働者、使用者、公益者の3者合意の原則があり、日本では労政審が合意を作る役割を担っているとされる。労政審では「労使がギリギリで合意した審議会決定が政治主導で覆ったのは遺憾だ」などの発言が相次いだ。

 意見書を受けた長妻厚労相は「重く受け止めます。労政審の(答申の)趣旨を踏まえて取り組みたい」と答えた。【東海林智】

【関連ニュース】
労働時間:有休取得率に目標 ガイドライン改正
労働者派遣法:改正案を閣議決定 規制強化へ
派遣法改正案:「事前面接」解禁は見送り 基本政策閣僚委
雇用:各党が政権公約に
非正規労働者:失職5867人増 2月調査

日本最大級のドロップシッピングサービスを展開する株式会社もしも、個人特化型アフィリエイトサービス「もしもアフィリエイト」を開始します!!
[新製品]OKINET、小規模からテレビ会議を構築できるパック「VOCS-Lite」発売
<国際化学オリンピック>日本代表の高校生4人を発表(毎日新聞)
混合診療全面解禁「慎重な議論が必要」-長妻厚労相(医療介護CBニュース)
<掘り出しニュース>ジェフリーさん、宮本常一の「忘れられた日本人」を米国で出版(毎日新聞)

<殺人>父親殴り死なす 34歳の男を容疑で逮捕…大阪府警(毎日新聞)

 26日午後3時10分ごろ、大阪市住之江区安立4の無職の男(34)が「自宅で父を殴って殺した」と110番通報した。大阪府警住之江署員が駆けつけると、1階居間で父親(68)が血を流して倒れており、長男が「殴ったら動かなくなった」と認めたため、同署員が殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。父親は間もなく死亡。同署は殺人容疑に切り替えて調べている。

 逮捕容疑は、110番通報の直前、自宅にあった金属製の仏具や素手で父親の顔や頭を殴った、としている。

 同署によると、長男は両親との3人暮らし。大学受験に失敗後、無職で家に引きこもり、心の病で通院中だったという。長男が暴れるため、母親は数日前から家を出ていた。長男は「母の連絡先を教えてくれず、口論になって殴りかかった」と供述しているという。【土本匡孝、山口朋辰】

オウムと信じた初期捜査、唇かむ公安部元幹部(読売新聞)
<自民党>鳩山邦夫氏の離党届を受理…処分は見送り(毎日新聞)
住民名簿作り奨励 市議会が条例可決 箕面(産経新聞)
<殺人未遂>母親刺した疑い、15歳長男逮捕 京都(毎日新聞)
「ヘリ部隊、分散移転」 普天間 防衛相、県内外で検討(産経新聞)
プロフィール

ミスターつとむよこた

Author:ミスターつとむよこた
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。